“極限マラソン”で2時間00分25秒の衝撃 専門家は太鼓判「2時間切り目撃できる」

ナイキが企画した、「ブレーキング2」で2時間切りを目指すという新たな試みは陸上界、そして経済を大きく動かすのではないでしょうか。エリウド・キプチョゲ選手はとても速い方なのですが、2時間を切ることというのは、陸上をやってる方ならわかると思いますが、とても難しいことなのです!!惜しくも、2時間は切れませんでしたが、今回のことは、マラソンランナーに大きな可能性を与えました!サポートがあったとはいえ、やはりコンデションを整えるのは選手ですし、記事を見てわかるようにペースメーカーを起用して維持をさせることも、やはり、選手のモチベーションが大きく関わってくると感じます!陸上界はオリンピックで男子リレーがメダルを取ってから、大きく発展と成長に向かって取り組まれていますが、マラソンの方も日本のトップ選手がまた返り咲くチャンスだと思うんです。なぜ経済も動かせるのかというと、2020年の東京オリンピックがあるため、後の数年ではありますが、長い距離、そしてペースをどれくらいで維持すればいいのかが、今回のことで大きくわかりました。体力や体格という他の国の方々との差がありますが、もっともっとレベルアップをすることで、陸上初心者でも見てみようという、経済循環が生まれるのではないかと思います。カードローン審査 在籍確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です